イーヨウです

イーヨウです

iiYOUで
イーヨウです

イーヨウとは、了解。OK といった肯定・受容の言葉であり、また「いいよ!」という普通に使われているコトバです。

このイーヨウというコトバは相手(YOU)がいないと存在しないものです。わたしたちの仕事というのは、伝えるべき相手があってはじめて成立するものという考えがあり、イーヨウのロゴマークは「人間と人間がつうじ合うと、そこには自然と笑顔が生まれるハズ」という想いをデザインしたものです。

そしてまた、人間に、社会にとって【いい】と思えるものをイーヨウは、創りつづけていきたいと想っております。

iiZUKA KENGO
iiYÖU INC.Director, Designer, Founder

ii + YOU

わたし自身は、基本「【いい】感じにする」担当としてクリエイティブ全域にたずさわります。職種的にはクリエイティブ・ディレクターやアートディレクターやらデザイナーやイラストレーターやら時にコピーも書いたりと、領域を自由になんでも首を突っ込んでおります。

iiYOUは、媒体・メデイア、形態・フォルムにこだわらずあらゆるものをデザインしており仕事の進め方は、PROJECTの大きさや、仕様・内容によりプロジェクトベースでチームをつくります。

それからたった一人で制作したものでも、わたしは、自分以外のナニモノカ≒YOU(家族や、身近にいる人や、イーヨウのチームや、好きな人やモノ、本や、猫や、風や、天候や、気持ちや、、、)の存在なくしてはできなかっただろうという想いがあり、ひとりでも、何人でも制作者のなまえは iiYOU としています。

そういうのは音楽からのしかもバンドの影響が大きいのかなと思います。作詞作曲はしても、アルバム発表はバンド名で。みたいな感じでしょうか。わたし自身も10代の頃はバンド活動に明け暮れていて、、結果音楽的な才能の無さに見切りはつけましたが。

iiYOUの制作を時にサポートしてくれているメンバーです。

[ micad ]  Takahashi Mika
ミ(美)を加える担当
Art Director, Designer, Web Director

[ digimaric ]  Nakaya Mari
ま(間)をつくる担当
Technical Director, Programmer

[ kuma ]  Kumagai Akira
クマなく見わたす担当
Planner, Project Manager, Producer

[ ara ] Arai Noboru
アラ!いいねをつくる担当
Art Director, Technical Designer

[ usu ]  Usukura Fumihito
Designer, Movie editor, Manga Artist

彼らは個々にでも活動しており、同じクオリティの目線を持った頼りになる人たちであります。

AWARDについて

わたしは基本独学でデザインを学びました。正式な教育も師匠もいなく、いわばアウトサイダー・デザイナーみたいなもので、若かりし頃は、いったいの自分が社会や世界の中でどこら辺りに存在しているのか?自分でよく分かりませんでした。デザインという仕事の中では、競泳や陸上競技のようにはっきりとしたタイムがある訳でもナシ。

その一つの指標を確かめるものが「賞を獲る」ということでした。特に世界的なコンペというものはとてもエキサイティングで、言葉も通じず、審査員で日本人が幅を効かせておらず、誰も自分のコトなど知らない中に放り込まれるアウェイ感満載の言い訳無用なものが挑戦しがいがあっていいと思いました。

余談としては、トロフィーは、TOYとして、オブジェとして欲しかったので(売っていないですし)それで欲しかったのもあります。なので、トロフィーのデザインがイケてないアワードには興味がわきませんでした。

今まで受賞した中でも印象に残っているものとして、いくつかあります。

shu uemura

日本初のWebブランドサイトでのカンヌ広告祭・サイバーライオン受賞。

shu umemuraよりの、ブランドサイトを世界に向け、かつ日本で初めてもの創りたい。と、無理難題に思える命を受け、無我夢中で制作したWebサイトでした。コトバを超えたコミュニケーションは、海外に人にも届くだろうといった確信もありました。

たそがれ清兵衛

広告批評 2002年新聞広告ベスト1。

映画公開の当日に、新聞15段全面に「完成台本」を全て掲載した広告。
周囲の反対を押し切って、がしかし山田洋次監督は理解を示してくれてGOに。

広告批評は、いきなり事務所に電話がかかってきて、取材をしたいと。そんでもって順位などは掲載をお楽しみにと教えてくれない。審査員に是枝裕和監督もいらっしゃったなぁ。確か。と、こちらはエントリーしていないのに勝手に選んでくれる賞という存在に感動した記憶があります。

Designers KDDI

WebDesigning 年間Webベスト1

ビットくんなる1ピクセルの集合体のキャラクターを創り、マス広告とは程よい距離感のある好き勝手にブランディング・サイトを制作。毎回、KDDIの宣伝部のグループリーダーの方との打ち合わせも楽しかった記憶があります。この賞も勝手に選んでいただいたもので、このサイトは、カンヌなど他のAWARDでもいくつか受賞するのですが、この賞が一番うれしかったですね。

といったものがあります。その後、自分自身だんだんと賞に対しての想いが変わってきまして、以後は自分からはエントリーすることはなくなりました。

MISSIONとしての
DESIGN

わたしにはとってデザインとは「世のため人のため」という想いがあります。

そして、わたしには一生涯、カタチはどうあれ「デザイン」というものに携わって生きていくんだという予感があり、デザインという仕事は、わたしにとっての使命、すなわち「MISSION」だろうと考えております。

縄文時代の土偶(写真は大好きな五所川原の岩偶)だって、アレは縄文人の誰かが好き勝手に創ったんだじゃなくて、誰かに「あなたに創って欲しい」と頼まれて、それを受け、想いを込めて創ったんじゃないかと想像します。さらにそれが何千年も遺っていて、現代ともつうじ会えるコトができるなんて、まさにこれこそTHE すごい DESIGNだと想います。

iiYOUでは、そのDESIGNのMISSIONを二つのフィールドで考えており、

ひとつは、MISSION DESIGN

これは、わたしイーヨウの使命としてのデザイン。
どうしようなくナニモノカに呼ばれた、わたしの人生に関わってきたコト。
それは、縄文。アウトサイダー・アート、アール・ブリュット。アフリカン・アート。などが中心に存在するデザインの仕事です。

そして、CO-MISSION DESIGN

誰か他の人に呼ばれ、頼まれたのがきっかけで共に使命を分かち合い共鳴するデザイン。それは、シンパシーを感じ、同じ方向感をもった人たちに、わたしたちにできる最大限のフォースで協働するものです。

 

iiYOUとは、そんな想いからつくられております。