ブルーナの
ゆるやかな
トキのながれ

ブルーナの<br> ゆるやかな<br>トキのながれ

ミッフィーの推移。

1955年ディック・ブルーナ28才の時に生まれたミッフィー。
この時はフォルムがウサギからの変化という感じで、まだアイコン的なものにはなってはいない。

そこから約10年、ブルーナ36才で子どもの頃絵本でよく見た「うさこちゃん」の存在となる。

ここで完成かと思いきや、ミッフィーの進化はまだまだ続く。

ブルーナが50〜60才くらいになるとデザインはほぼ完成形へ。
全体が丸みをおび、シンプルになっていく。

僅かな進化は止まらず、その後もラインがさらに太くなったりと、どんどんカタチは研ぎ澄まされていく。

およそ50年くらいにわたり、進化を続けていたのではないだろうか。
最終的なミッフィーは、ブルーナが土偶を知っていたのかは知らないが(多分知らない)それはまるで縄文のビーナスを思わせる完成されたデザインだ。

ひとつ思い出したのがジョルジュ・ルオーのエピソードで、彼が美術館で展示されている自分の油絵を人目を盗んで直していたいうものを、むかし何かで読んだことがある。

その気持ちはよくわかる。一度手が離れた作品や仕事でも、後から見ると「こうしたかった!」みたいな事を気持ちが往々にして出てくる。直せるものなら直したい、と。


ぼくの仕事のやり方は毎日の積み重ねです。
いつでも、今日は昨日より少しでもいいものをつくろうと心がけて、ずっとやってきました。

同じようなことをやっていると、僅かな違い、微差、微細というものが大きく作用するということを感じることになってくる。

ー Dick Bruna ディック・ブルーナ


ブルーナが生前語っていた「きのうより上手くなりたい」という想いは、ミッフィーにはっきりと現れている。
この永遠に続くかのようなタイムラインで、進化を続けていくということ。

ブルーナが100才まで生きたら、ミッフィーの次なる進化が見えたかも知れない。見たかった。

ブルーナの創る絵本は、いわゆる色指定による印刷物なのだが、なぜだかワンオフのアートピースのような趣を感じる。その理由のひとつに、この「線」があるのだろう。その線は、ドローイングではなく一点一点を微細に刻まれた、時や想いの集合体のようだ。


そして最後の遺書のようなブラックベア。
これを死後に発表し、しかも親しい友人だけに配り、出版もしないという。

この生き方は、美しい。
ひとつの理想形だと想う。

ブルーナは子ども向けのもの絵本でも、書体のチョイスやレイアウトなども含めデザインがキチンと大人の、プロの佇まいをしている。それは、一流のデザイナーというだけでなく、子どもを侮らず小さな大人として見ていたのだろう。書体が全部小文字なのは、日本で言うところの「ひらがな」のニュアンスだとは聞いたことがある。オランダ語は全部小文字だけども、英語版はけっこうマチマチなのはブルーナの監修度合いの程度なのか?
でもミッフィーも最初のものはNIJITJEと大文字だったみたいだけど、1963年の「ちいさなうさこちゃん」ではnijitjeと小文字になって、それ以降はすべて小文字表記だ。しかしながら、クリスマスやシンデレラなどの童話を描くときには、すべて大文字でKERSTMIS、ASSEPOESTERと表記している。明らかに意図して使い分けをしているのだろう。

ブルーナに限らず、傑作と言われている絵本エリック・カール「はらぺこあおむし」にしても、美しい書体、文字組みでデザインされているものは多い。特に、オリジナル原語版美しいのが多いので一度見比べてみることをオススメします。日本語版になると少し子どもに日和っている感が書体選びに現れてくるのが多い。絵本は文字までふくめて「絵」なんだと思う。ちなみに、日本語の絵本だと「ぐりとぐら」は普遍的に美しく大好きです。

2010年に日本語版で改定されたウサコズフォントに関して言えば、完成度は高いし試みも素晴らしいと思う。でも、ブルーナの絵本に関して、フォントを全部統一してしまうのは、どうなんでしょう。オリジナルのGrotesk系のものにはいいんだけども、、。個人的にはVoltaのミッフィーが好きなせいもある。改めて眺めて見るとオランダ語のオリジナルのナインチェがやはり一番美しい。

Groteskはオーソドックスに普遍性があるし、Helvetica Roundedは分かりやすくかわいらしい。その点あえて、Voltaをセレクトするということにブルーナの狙いや想いがあるんじゃないかと考えざるを得ない。Voltaで組むと全部小文字でnijntjeという字面にもよく合っているし、品があり、強く、美しく、かわいらしさもある。

とかく最近の子ども向けの絵本などは、完成度の低くて、安っぽいかわいらしい書体にしたりとか、楽しそうに賑やかにしたりとか、そんなものはまさに子どもだましだ。
制作者の力量不足というのもあるかも知れないが、何よりも子どもをなめてはいけない。

東日本大震災のあと、日本にむけてブルーナが描いたミッフィーのカード。
やさしさと美しさに満ち溢れていました(⊝.⊝)