ウェグナーは
洗練された
プリミティブ

ウェグナーは<br>洗練された<br>プリミティブ

Hans J. Wegner|ハンス・ヨルゲンセン・ウェグナー。

13歳から家具職人に弟子入り20歳で一度兵役に出て23歳でコペンハーゲン美術工芸学校で家具設計をし、アルネ・ヤコブセンの事務所に3年ほどで独立。生涯で500種類以上の椅子をデザインと言われる、巨匠デザイナー。

世界中で最も売れた椅子のひとつと言われているCH-24、通称Yチェア。多くの人はどこかで目にしたことがある椅子でしょう。またウェグナーのことも知らない人たちにも、さらりと入り込んでしまう間口の広さがあります。

でもこの椅子、かなり造形的で個性的なデザインです。
なかなかどうして、こんなにスゴイデザインはそうはできないです。しかも、これみよがしなデザイナー的アピールというものを全然感じさせないとても高度なデザイン。言わば羊の皮を被った狼的な椅子?。ん、ちょっと違うか。


我が家でも、Y
チェアは20年以上使っています。質感の経年変化もいい感じ。なにより特筆すべきは全く壊れないこと。座面のペーパーコードも猫の爪とぎにもマケズぜんぜん大丈夫です。

全体的に美しいデザインですが、特に上からのアングルは座るたびに「ふぅむ、スゴイ」と感心させられます。もちろんウェグナーは意図していないでしょうが、わたしにはアフリカの彫刻的な造形に見えてしょうがないです。

ウェグナーは同じ北欧デンマークのデザイナーでも、誰よりもアバンギャルドな職人でありデザイナーなじゃないかと。しかも、プリミティブな生命感も併せ持っている。
一般的に前衛的なデザイナーと言えば、ヴェルナー・パントンやクールなポール・ケアホルムらを思い浮かべるでしょうか。まあでも、彼らはわかり易く個性的なんだけど、内面からの芯がぶっといホンモノはウェグナーが一番だと個人的には思ってます。


ウェグナーがデザインした椅子に関して言えば、EJ100のOX-chairなんてさらにアフリカの木彫りの彫刻の造形だし、GE225・Flag Hailard Chairは他に類のないデザイン。間違いなく猫たちの狂喜乱舞が絵に浮かぶ、、。ガシガシ。Three-legged Shell Chairはウッドなのにスペイシーでとても彫刻的なデザインときてます。他にもいろいろ魅力的な椅子を多数デザインされておりますが、ウェグナーのデザインに惹かれるところは、洗練されたプリミティブを感じるところだ。

職人という面からみても、椅子、ソファ、テーブルなど何年も使用しているけど全然壊れません。だてに13歳から仕事してません。納得のマイスター。
我が家で言えば、同じ北欧系の家具たちがリペアに出したり、寿命がきてもウェグナーだけは、座面の張替えくらいで根本的なリペアには至ったことはありません。丈夫というコト。これは「家具」というモノの存在から考えるとある意味一番大切な事かと。

わたしの場合、日常リビングや仕事場では、ほとんどPP701・Armchairに座ってます。
写真の豚革のものは薄いピンクでとてもキレイなものでしたがさすがに汚れて、4年前くらいにエゾ鹿革に張り替えました。黒い牛革のものは全然大丈夫で問題なく12年以上座っています。


腰かけと腕置き兼用の大きなアームは造形的にも、➕の継ぎ目も、もちろんカッコいいのですが、これまた上からのアングルが美しい。いつも座るときに見惚れます。
さらに椅子単体としてだけでなく、テーブルとの合わせも計算されているところ。椅子から離れるときに、テーブルにアームの先端だけが少し隠れる感じが美しい。もちろん使用感は申し分なし。座面も低めなところも心地よく。Yチェアもいいけど、アームチェアは座面がフラットなので座り方を強要させるところがないのでさらに座りやすい。

実はアームチェアとならんで、すんごい欲しい椅子があってSwivel Chairというものだが、これで仕事をするとサイコーだなと、お店に座らせにもらいに行ったりもしたのだけど、何しろスゴイ値段で諦めました、、。昔のFIAT Pandaが買える値段。興味がわいた方はぜひどうぞ。

ちなみに、アーロン系のハイテクチェアは座り心地もグニャグニャしてるし、スタイルも仕事するぞ〜感が出すぎて好きでない。昔は座る時間が長すぎてギックリ的な腰痛にもなったので、背もたれがないやつとかもいろいろと試したのだけども、今ひとつ馴染まなくて。結果、気持ちのいい椅子にして、アホみたいに長い間座らなくて、あと運動するといった単純な事を実践するようになってからは全然問題ナシになりました。
エンツォ・マーリも、いい椅子とは?についての質問で「長時間座らないのが一番いい」みたいな事を言っていたような気がする。うろ覚えですが。


ウェグナー没後、近年発売されたCH88P。雰囲気は、PP701と似ているが座り心地はかなり違う。これはまだ完成されていなかったのか。座面を高くしたのは間違いじゃないかと思う。ウェグナーは、座面低めが座りやすくていいところなのになぁ。
ウェグナーは椅子だけでなく、他の家具も素晴らしいので機会があればまたいつか(⊝.⊝)